2022年ニューヨーク公演2日目

朝通常の時間に目が覚めたということは時差調整が出来たということ。さて今日だけは午前中から公演のある夜まで空き。時間のかかる事をしておこうという事で地下鉄を使ってメトロポリタン美術館へ。

今回はOMNYという日本のモバイルSuicaに似たサービスを使用。

着いたのが開館10分前。ルーブルに行った時は会場1時間前に行っても長蛇の列なので出遅れたな〜と思ったら並んでいるのは20人足らず。チケットは前もってモバイルチケットを用意済みだったので簡単に入場できました。

メトロポリタン美術館

暇があるとはいえ今夜は本番。あまり歩きすぎて舞台に支障が出るといけないので、みたいものをピックアップして2時間で切り上げる作戦でしたが、目的の作品に辿り着くまでに目を止めるものが沢山。そもそも広いものだから結局はかなり歩いてしまいました。

円高・物価高ということで今回の旅行では特に買い物はしないつもりでしたが何もないのは寂しいのでメトロポリタンのストアで妻にお土産。あとで円に換算したら結構なお値段でしたけど。

昼食はアメリカに来たならばということでホットドッグ。セントラルパークを少し歩き5番街を通るバスを使って一度ホテルへ戻ります。

セントラルパーク

途中昨日見られなかったロックフェラーセンターのクリスマスツリーをチラ見した辺りで降車しタイムズスクエアを通って帰る。

昼間のタイムズスクエア

ホテルについて午後2時。ちょうどワールドカップ日本対スペインの時間。楽屋入りは5時なので骨を拾ってからホテルを出ればいいなと思っていたら

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・勝った・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いや本当にサッカーというのはわからない。
ただ昔に比べれば若い選手のレベルが段違いなので、これは部活・クラブチームだけではなく草サッカーに至るまで、育成年代の指導者の勝利ですね。

気分を良くして楽屋入り。ジャパンソサエティーまでは車だと40分かかったりするので徒歩で20分歩く。

クライスラービル

本日は
舞囃子「頼政」友枝昭世
能「皇帝」金子敬一郎

皇帝は初演だったのでなかなかに気を使いましたが、恙なく舞い終えました。写真とか頂いたらあとで掲載するかもしれません。

その後レセプションがあってこちらの方々やお客様と会談(通訳付きですよ。英語苦手…)やはり皆様驚くのはみんなで集まって稽古をしないことのようです。今回も珍しい曲でしたが申合は1回だけでしたし。

後片付けをしてホテルへ。私は途中でおろしてもらい昨日見られなかったロックフェラーセンターのクリスマスツリーへ。

2004年から使用されている頂上で輝く星(Swarovski Star)は、25,000個のスワロフスキー・クリスタルで作成され、直径約3m 重さ250 kg 。45,000個のLEDで装飾されたツリーは壮観です。

向かいのデパート、サックスフィフスアベニューの飾りつけも豪華でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください