パリ公演5日目

ほとんど時差ボケも解消され普通通りに起床。朝食。
さてダメもとで昨日は入れなかったカタコンベへ朝イチでゆく。

ダメでした…

しょうがないのでウジェーヌ・ドラクロワ美術館へ。ドラクロワが1857年から1863年までアトリエ兼自宅にしていた邸宅が美術館として公開されています。

中庭でしばし休憩しながら次どこへゆこうかKindleに入れた「地球の歩き方」を参照。


モンマルトルにいく途中で見えた運河が綺麗な感じだったのでとりあえずは行ってみる。

サン・マルタン運河は例えるなら東京中目黒の目黒川沿いをもうちょっと長閑にした感じですね。時間があればクルーズでオルセーの前まで行けたそうです。のんびりとするにはいいかも。

さてミュージアムパスで行けるところをもう一つと思い、ピカソ美術館へ。
と思ったら道を間違えたらしく着いたメトロの駅が全然違う線の駅…思い込みというのは怖いものでそのまま列車に乗ってから間違いに気づくという失態。
気づいた次の駅で降りて経路の検索をやり直し。ちょっと歩いて違う線の駅まで歩いた方が良いかなという事になり、オペラ座の前の駅まで歩く。


オペラ座は改修中で足場が組まれていましたが、足場が綺麗に見えるように組まれていました。さすがです。

ピカソ美術館は割と入り組んだところにありました。

ここは国立美術館ですがピカソの遺族が相続税として物納したものが多く、最後まで手元に置いておいた作品が多いので貴重なものが多いらしい。
美術館の建物は塩の税徴収官の邸宅だったので「塩の館」と呼ばれていたそうです。

それにしても作品も素晴らしいけど展示のセンスが素晴らしい。眼福でした。

ここでも小学生たちがピカソのお勉強中でした

とりあえずここまでにして一度宿へ。途中で美味しそうなタルトがあったのでお持ち帰り。

2.65€なので380円ぐらいですけどいちごの量から考えると安いし美味しい。

さて本日は二人袴と隅田川と、初日と同じプログラム。今日が終われば折り返しになります。さて頑張ってきます。

日々徒然

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください