キャシャーン

家に帰ると妻がTSUTAYAから“CASSHERN”のDVDを借りて来ていたので鑑賞しました。

あまりいい評判は聞かなかったので、先入観があるやも知れませんが、評判通りでした。

とにかくストーリがハチャメチャで、オリジナルの「キャシャーン」知っている人はずっこけちゃいますし、知らない人はあきれちゃいますね。昔高校の文化祭で映研が上映した映画の方がよっぽどよかったような気が・・・。

あと、ストーリーをぜんぶ、セリフで説明しちゃうのはいかがな物かと。最初のナレーションだけで世界観をすべて語っているので聞き逃したらいきなり分からないし。しかも最後の方ではどんでん返しのつもりのセリフがあるのですが、思わず「いや、それ違うでしょ」と突っ込んでしまう程、つじつまが合わない事をのたまっていました。

いや・・映像はすごいですよ、背景の。

やはりデザインセンスには非凡な物を感じます。でも2時間あの映像はきびしい。

知らない人は是非オリジナルのキャシャーンを見てもらいたい。

これを見たあと一緒に借りた“攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 12”を見ると、良く出来てるなあと、安心してみられました。

実写邦画はどうなるのでしょう。デビルマンも散々だったようですが、せっかくのいいコンテンツを安易に消費してしまうし。作る側は(一応)考えては作っているのでしょうが、出来上がった物がダメなら世に出さないように出社や配給会社が考えてほしいのですが、大人の事情ってやつもあるでしょうし無理かなあ。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください