崖の上のポニョ

一部では、枯れてしまったという評価のある、宮崎駿監督の新作。
今回の作品は方向性で行くと、トトロ方面。

人魚姫をモチーフとした話なので、結局は魚が人間になってめでたしめでたしという話ではある。もちろんそこに行き着くまで、紆余曲折がある。

その紆余曲折の部分だが、あまり考えすぎずに見た方が良いようだ。

いろいろ、伏線や謎はちりばめられているが、基本的に投げっぱなしなので、深く考えていると、最後にはがっかりか、もやもやが残る。

つまり、宮崎さんは童話を作ったのだ。
なのでそういうことを気にしないで、感じるままに見る映画だと思った。

宮崎さん、近頃は、考えて、観るタイプの映画を作っていたので、今回もそうなのかと思っていたので、映画が楽しめなかった。

スレテしまった人間には、あわない映画なのかもしれない。

しかし、動く絵を描かせたら一級品なのは、たしか。

水の動き、船や車の挙動などは、実際には(物理的に)はあり得ない動きなのに、心理的にはあり得る、と言うかしっくり来る。見ているだけでドキドキする。
もう一回この絵の質で、冒険活劇を作ってくれないかなあ。 

声優(というか素人のしゃべり)は最低ランクの出来なので困る。誰かがしゃべると、すごく冷めてしまう。

声優を使いたくないなら、外人を使って日本語字幕版を作ってください。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください