胃カメラ初体験

年末の胃の検査で見事に「要精密検査」の通知がきたので年の初めから病院へ。
実は胃カメラは初体験。


検査に呼ばれ、まず問診票の確認。まず胃の泡を取る飲み薬。これが異様に酸っぱい。
次に胃の動きを止める注射。そしてゼリー状の麻酔薬を口に含み3分間。口の中が痺れてきた所で吐き出し、最後にスプレー状の麻酔薬をのどの奥に吹き付けられ、それを飲み込むと完全にのどが痺れて、ツバを飲み込むのも難しくなりました。

助手の看護婦さん(スッピンだけど、かなり美人!)に案内され、処置室に入り台の上に左向きに寝ます。
ツバを飲み込むと、麻酔のせいで咳き込む危険があるので、口元にガーゼをしいて垂れ流し。しばらくすると先生がきて検査開始。

穴の空いたマウスピースをくわえ、カメラが入ってゆきます。のどを通るときはさすがに苦しく、かなりエヅイてしまいました。検査時間は約2分ぐらい。途中からだいぶ慣れてきましたが、何とも言えない違和感でした。検査中ずっと看護婦さん(改めて言うけど美人)が声をかけながら肩を叩いて(赤ちゃんを寝かせるときの、あの手ね)くれました。あれが無ければとてもとても・・・  <ナンダカナア

結果は・・・ただの胃炎でした。
潰瘍もポリープも無いそうで、組織も取ってないから、後日の診察も無しでこれでおしまい。胃が苦しいときは胃薬でも飲んでください、と言われました。1時間は麻酔が聞いているので、飲食禁止との注意を受けて帰りました。

まあ取りあえずひと安心。
もうやりたくないなあ。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください