著作権うんぬん

著作物であるかどうかは、時として我々のイメージとズレていることがあり、そこに著作権法の限界を感じる。芸術性を認めながら人間の創造性を保護し、かつ多くの人の幸福に貢献するのは、もうこの法律では無理なのではないだろうか。

大筋で上の記事に同感です。
近ごろ、我々の業界でも著作権の事で侃々諤々やっていますが、自分としては懐疑的。
いまの著作権法は、強いコンテンツを持っているものの既得権益を守るためにあるような気がします。
縛って護るのも大切かも知れませんが、緩めて広めるのも大切でしょう。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください