オーデュボンの祈り



“オーデュボンの祈り” (伊坂 幸太郎)

伊坂ワールド炸裂しています。

仙台沖の誰も知らない島にいる、未来を予知するしゃべるカカシ。或る日そのカカシが殺される。

これだけ書くとシュールな本かと思いますでしょうが、実際シュールです。

普通に考えると、かなり不自然な世界観が展開されますが、途中からそんなことは、どうでもよくなります。

そして、出てくる人たちのかっこよさ。台詞がいいですね。

そこへ入り込む現実的な世界の、人の闇が物語にアクセントを加えています。

善悪とはなにか。

伊坂孝太郎をまだ読んでいない人は、この本からどうぞ。

題名は多分、全知ではあるが全能ではない者の苦悩を表しているのではないかと…

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください