時間封鎖

時間封鎖〈上〉 (創元SF文庫) 時間封鎖〈下〉 (創元SF文庫)

久しぶりにハードSFを読んだ。

ある日、地球が黒い幕で覆われ宇宙と遮断される。そして地球での時間だけ1億分の1の進みになるという設定。

ヒューゴ賞をとるだけあってなかなか面白かったです。

テラフォーミングの話とかSFとしての面白みもあるが、重心をおいているのは人間模様。

地球で1日経つと宇宙では27万年経つわけで、そのうち太陽が膨張して地球が飲み込まれてしまうと予想される。

緩やかな絶望を突きつけられた人間を描く話は、近いところでは伊坂幸太郎の「終末のフール」などあるが、こちらの方が読みごたえがある。

ただ最後はちょっと、物足りない。幕を作った張本人も現れないし、と思ったら三部作の予定らしい。すでに二部の「無限記憶」は出版されているらしい。

早く文庫化してください。

傷物語

[amazon]4062836637[/amazon]

帯に書いてある通り、作者の趣味が思いっきり反映されている。(趣味とは書いてなかったっけ?)

最強の女子、羽川翼!何たってこれにつきる。

時系列上、前作のヴァルハラコンビが出てこないので、色気は無いかなと思っていたら、トンでもありませんでした。委員長ごめんなさい。あなたをみくびっていました。

なんったて、頭空っぽにして読めるので、息抜きには最高の本です。

前作です
[amazon]4062836025[/amazon]  [amazon]4062836076[/amazon]

砂漠

伊坂幸太郎作品

[amazon]4408535346[/amazon]

今回は著者の地元「仙台」で繰り広げられる、青春の1ページ。

東西南北が集まって、春夏秋冬の物語を繰り広げる。つまり麻雀の物語(ちがうって)

いつものことながら登場する、軸のぶれない(本当にいたら絶対迷惑な)人間たち。何気なく存在する超常現象。ショッキングな事件も起るけれど、根底に流れるポジティブな雰囲気。

どこを切っても伊坂幸太郎。

はじめて伊坂幸太郎を読む人に薦めたい本です

蛇足 最後はグロリアではなかったのですね。(よく間違えられるし)