鬼の城伝説



“QED 鬼の城伝説” (高田 崇史)

QEDシリーズも9作目。さすがにちょっとトーンダウンかなというところですがしょうがないかな。

一作目“百人一首の呪” 二作目“六歌仙の暗号” はいまでも好きな本の上位に入ります。

どうもミステリー(推理小説という意味での)の範疇を離れて読み進んだほうがよいようです。

特にトリックマニアには評価されにくいでしょう。

例えると「逆説の日本史」を小説仕立てにしたようなシリーズですから。(逆説の日本史はあまり好きではありませんが)

ただ作者には何か一番書きたいテーマがあって、それを書くための下準備をしているのではないかというところが、端々に見えます。

ここはがんばって、出る物を全部読んでみるかと思っています。

ストーリーはともかく、資料的な価値もある一冊です。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください