続巷説百物語

京極夏彦です。
相変わらず分厚い本ですが、一応短編集になっています。
一応・・というのは実際は1冊でひとまとまりでした。

このあとに出た後巷説百物語が直木賞もらってましたが、このシリーズは京極作品としてはライトなものなので、できれば濃い作品の方で注目してもらいたかったなあと思います。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください