任天堂の力

公開されたコントローラーはテレビのリモコンのような形状で片手で持つ事ができる。しかし、コントローラーの位置情報を認識するダイレクトポインティングデバイスを搭載しており、テレビのどこを指し示しているのか、テレビとの位置のねじれ、距離を測定する。ビデオでは新コントローラーでどのようなことが可能になるのかを示したもので、全く新しいプレイスタイルとなる。

詳しいことはリンク先を見ていただくとして、任天堂がまた新しい操作形を作り出しました。
思えばファミコンの十字ボタン、Nintendo64のアナログスティック、こけちゃったけど両目で覗き込む立体に見えるやつ(名前も忘れちゃいましたが)など革新的なゲーム操作を今まで作り上げてきました。
その他のメーカはボタンが増えるだけだったのに、任天堂はここにきてボタンを減らす方向に動いてきました。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください