コックピット自作

近くの古本市場へいったときに、¥1,300だったので何となく買ってしまった、中古の「グランツーリスモ5プロローグ」

買ったからにはやらなくてはと、押し入れの奥からPS2で使っていたGTForceを取り出してハンドルを取り付けるところがないのに気づく。昔は子供用のテーブルのついた椅子に向かい合うように取り付けて遊んでいたのだが、その椅子も子供の成長と共に粗大ゴミとして旅立ってしまった。

部屋を見回しても、物置を探しても使えそうなものは何もない。そういやコックピットなるものが売ってたなとググってみると結構いい値段。何で¥1,300のソフトにこんな値段をかける必要がと思い、デュアルショックにてプレイするもどうも気分が乗らない。ちまたの人たちはどうやって遊んでいるのかと、再度ググってみると、自作コックピットをイレクターとかスペーシアといったパイプとジョイントの組み立て部材で自作しているらしい。妻に相談すると「折りたたみができて、片付けられるようにしてよ!」との厳命が下る。

で選んだのがこちらの通称154コックピット。ありがたいことに設計図もアップされている。早速近くのドイトにいってみるとスペーシアを扱っていたので部品表通りにパイプとジョイントを集める。在庫のないジョイントが2種類あったが、主要部分ではないので代替品を別の売り場で探してお買い物。

組み立ては小一時間で終了。取れてはいけないところに接着剤を流し込み、一日放置。

コントローラをつけて、試乗(?)。運転のしやすさに感動です。小1の息子でも使えるのがすばらしい。

コックピット

しかしおかげで新しいハンドルコントローラがほしくなった。年末にはとうとう「GT5」も発売されるらしい。そのときに新しいコントローラがでて、同梱版とかでたら買っちゃうかもしれないな。

[amazon]B00170IBOE[/amazon]

気になるもの

PS3のソフト「Kill Zone 2」
シューティングとか苦手なんだけど、あの画像を見るとちょっとやってみたくなった。とりあえず、体験版をダウンロードしてやってみた。結構ハマりそう。
ただ海外ゲーによくある、過剰な描写というヤツなので、子供がいる時はできないし、そんな暇はないわけで・・

コンデジ SIGMA「DP2」
RICOHのGR Digital2とかGX200とかCanonのG10とかパナのLX3とか候補に挙がりつつも、二の足を踏んでいたのだが、かなりの際物の登場でかなり悩んでいる。日頃持ち歩いているiPhoneのカメラの画質が良ければ、DP2で決まりなんだけどなあ。

自転車のドロップハンドル化
ずっと乗っているGIANT のクロスバイクをドロップハンドル化を画策。ただ時代に逆行しているような気もするのが悩み。あと保管場所がめんどいなあと。

 

[amazon asin=”B001H9NV3Q” /]

[amazon asin=”B001W3429E” /]

初志貫徹

ティガレックスを狩ることができました。ヒャッホー‼

息子の持っている攻略本を読んでみると、大剣では分が悪いと書いているので、ランスにしてみたが、うまく立ち回れない。

結局慣れた大剣を使い、ヒット&ウェイを徹底したら、時間はかかったけどわりとすんなりと狩ることができました。

ここにいたってモンハンは装備よりテクニックだなと思いました。

これからはしばらく大剣一本槍で(しゃべり言葉だと気にならないが、字に書くと変だな)いこうと思います。

モンハンの壁

キークエストだけ狙って、「絶対強者」まできたけれども、ティガレックスの強さにクリアが遠い。
テクニックさえあれば、攻撃は避けられそうですが、ノーテクなもので・・・
いい防具が必要みたい。そのためには素材集めが必要になってきます。

飛ばしていたクエストを頑張るか。
そうすればきっとテクニックもつくだろうしね。

モンハン始めました

PSPのアナログパッドが外れて紛失していたので、敬遠していたのです
ところが長男がPSPを手に入れモンハンを始めるというので、意を決して(いや、そんな大した決心ではないが)ソニーにアナログパッドを注文。

というわけで、休日は息子と狩猟生活。
息子は一日のゲーム時間が決まっているので、こちらの方がゲーム進行では有利ではある。

しかし、やってみると面白いねこれ。コミュニケーションの道具としても秀逸です。

[amazon]B000WD6YZU[/amazon]