荊の城

今回の旅行は移動が多いので読書三昧できそうです。

まずは



“荊[いばら]の城 ” (サラ・ウォーターズ)



[いばら]の城 ” (サラ・ウォーターズ)

このミス海外部門一位だそうです。

暗〜く暗〜く続いてゆきますが、さて最後は・・・。と行った感じですかね。

ちかごろ海外物は全くといっていい程、読んでいなかったので何となく新鮮でした。

つい10年ぐらい前までは海外物しか読まなかった時代があったんですけどね。

こういうのを読むと、肉食人種じゃないとこれは書けないのかな?と思います。

暗い、といいましたけどやっぱり直情的でさっぱりしています。

日本のものはもっと陰湿ですからね。

でも、共感しちゃいますけど。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください