プリンタの新製品

そんな時期がやってきましたね。EPSONもCANONも出そろいました。今年のトレンドは無線LANとiPhoneからの印刷なのかな。

今うちで使っているのがPM-A950。2005年のプリンタです。結構プリント時の汚れが目立ってきて、ハガキとか刷ると裏面が汚れちゃう。いろいろ掃除とか試みたのですが、どうも素人の腕では限界らしい。

我が家の使用状況では、機能的にはもう十分ではあるので買い替えはいまいち消極的だが、買い置きインクがなくなったときに、検討してみよう。

うちのプリンタ選定条件は、Macで封筒印刷&のし袋印刷ができることです。なぜかMacは封筒印刷非対応になってるんだよな。工夫すればできたりするけれども、やってみなきゃ分からないというのが困る。店頭にMacBook持っていけば試し刷りさせてくれるかなあ。

Twitterがよくなってきた

Twitterというものがあると聞いたのはいつの頃だっただろう。新しい物好きなのでとりあえずアカウントはとっておいたのだが、魅力がわからず三日坊主で終了していました。

近頃また話題になり始めたのとiPhone との相性が良さそうだったので、もう一度チャレンジ。

でわかったことは、まずはフォローをとにかく増やすこと。

Twitterよくわかんねえって人はとりあえずフォローを20人以上にしてみましょう。はまる人ははまりますよ。

コックピット自作

近くの古本市場へいったときに、¥1,300だったので何となく買ってしまった、中古の「グランツーリスモ5プロローグ」

買ったからにはやらなくてはと、押し入れの奥からPS2で使っていたGTForceを取り出してハンドルを取り付けるところがないのに気づく。昔は子供用のテーブルのついた椅子に向かい合うように取り付けて遊んでいたのだが、その椅子も子供の成長と共に粗大ゴミとして旅立ってしまった。

部屋を見回しても、物置を探しても使えそうなものは何もない。そういやコックピットなるものが売ってたなとググってみると結構いい値段。何で¥1,300のソフトにこんな値段をかける必要がと思い、デュアルショックにてプレイするもどうも気分が乗らない。ちまたの人たちはどうやって遊んでいるのかと、再度ググってみると、自作コックピットをイレクターとかスペーシアといったパイプとジョイントの組み立て部材で自作しているらしい。妻に相談すると「折りたたみができて、片付けられるようにしてよ!」との厳命が下る。

で選んだのがこちらの通称154コックピット。ありがたいことに設計図もアップされている。早速近くのドイトにいってみるとスペーシアを扱っていたので部品表通りにパイプとジョイントを集める。在庫のないジョイントが2種類あったが、主要部分ではないので代替品を別の売り場で探してお買い物。

組み立ては小一時間で終了。取れてはいけないところに接着剤を流し込み、一日放置。

コントローラをつけて、試乗(?)。運転のしやすさに感動です。小1の息子でも使えるのがすばらしい。

コックピット

しかしおかげで新しいハンドルコントローラがほしくなった。年末にはとうとう「GT5」も発売されるらしい。そのときに新しいコントローラがでて、同梱版とかでたら買っちゃうかもしれないな。

[amazon]B00170IBOE[/amazon]