本を裁断してスキャン

仕事柄1000ページ近い本を2冊持って出張ということがたびたびあり、電子化すれば便利だろうなと思ってはいた。

踏み切れなかった理由は、どうせやるならきれいにスキャンしたい。そのためには本を裁断して、ドキュメントスキャナで読み込むのが一番。しかし本としては使えなくなるし、もう一組買おうにも非常に高価(2冊で10万ほど)。それに今ある本はかなりやつれているので素材としては不適当。つまり新しい本が必要。それを即裁断、しかも大量のスキャン作業、というのが、及び腰になっていた理由。

しかし、昨年末に古本屋でその本が、非常に程度の良い状態で、しかも3万ちょっとで手に入った。今春にはブラウズにはちょうどいいサイズの、iPadもでる。ページ数が多いのでiPhoneでの閲覧は無理かと思ったが、Good readerという秀逸なソフトも発見。

機は熟した。

本の裁断はscanbooks.jpに依頼。ついでにスキャナも借りる。ついでにスキャンしたいハードカバーも7冊追加した。

レンタルされたスキャナはキヤノン imageFORMULA DR-2510C。scanbooks.jpの説明ではMac非対応とのことで、Bootcampを使って、XP上で取り込む予定でしたが、キヤノンのサイトを見ると、Macに対応しました、と出ていたので、Macにドライバをインストールした。

スキャナのレンタル期間は3日。スキャンするページ数は約5000ページ(2500枚)始める前は頑張らなきゃ終わらないかなと思った。スキャンの品質は300dpi、グレースケール、jpegとした。

さて始めてみると、家にあったスキャナとは全く違う処理速度。それに重送検知センサのありがたさには、目からうろこ。

結局3時間ちょっとで終了。こんなことならその辺の本は全部裁断してもらえば良かった。

さて今度はこの大量のファイルを整理しなければならない。特にiPhoneで使えるようにしたい。今の予定ではGood readerを使う予定。

気になるもの

PS3のソフト「Kill Zone 2」
シューティングとか苦手なんだけど、あの画像を見るとちょっとやってみたくなった。とりあえず、体験版をダウンロードしてやってみた。結構ハマりそう。
ただ海外ゲーによくある、過剰な描写というヤツなので、子供がいる時はできないし、そんな暇はないわけで・・

コンデジ SIGMA「DP2」
RICOHのGR Digital2とかGX200とかCanonのG10とかパナのLX3とか候補に挙がりつつも、二の足を踏んでいたのだが、かなりの際物の登場でかなり悩んでいる。日頃持ち歩いているiPhoneのカメラの画質が良ければ、DP2で決まりなんだけどなあ。

自転車のドロップハンドル化
ずっと乗っているGIANT のクロスバイクをドロップハンドル化を画策。ただ時代に逆行しているような気もするのが悩み。あと保管場所がめんどいなあと。

 

[amazon asin=”B001H9NV3Q” /]

[amazon asin=”B001W3429E” /]

iPhoneでワンセグかあ

ちまたで話題のiPhone用ワンセグ。
テレビってそんなに見ないしなあ。見るのはスカパーの番組が多いのであまりメリットが無い。
テレビもスポーツ中継以外見ないし、見るスポーツはやってないし。(欧州サッカーとかサイクルロードレースとか)

値段次第だな。予想すると12800円と見た。

iPhoneゲット!!

仕事帰りに妻子と大宮で待ち合わせていました。妻子はバス旅行ツアーでしたが渋滞に飲み込まれ、大宮で4時間待ちをするはめに。折節もの凄い雷雨。ちょうど近くにビックカメラが有ったので雨宿り。

近頃の量販店は入り口近くは必ず携帯電話売り場。iPhoneあるかな〜っといってみると売り切れとは書いてない。店員さんに聞くと、「16Gの白が1台だけ有ります」と「いい子1人だけ余ってますよ!」みたいなことをいう。

有れば買うことに決めていたので、お願いすることに。

と、突然「はい!売り切れになりました!」というかけ声と共に、ポスターやら展示やら片付け始めちゃって、ほんとに1台だったらしい。

というわけで我が家へようこそ。