ウォーリー見てきた

奝然のせがみにあい、忙しい時期、渋々見に行った。妻は家事がはかどらないので、次男も連れて行けとの達しがあったが、次男がどうしても行きたくないというので、置いてゆく。

西暦2700年の荒廃した地球と広大な宇宙を舞台に、独りぼっちで地球に残された“地球型ゴミ処理ロボット

こんなあらすじを聞いただけで、泣いてしまいそうだが、むりやりお涙頂戴にはなっていないので、最後まで安定して楽しめた。

相変わらずPIXARは、無機物に感情をのせるが上手いな。ウォーリィの起動音がMacと同じなのは笑った。シナリオも少しせっかちな面はあるが、子供にも見せる映画なので、2時間にまとめたと考えれば上質な話である。

あの、動きを見るだけでも、見る価値はあると思う。スタッフロールに添えられた映像も意味深で面白い。

凧揚げ

次男が雑誌の付録の、凧を組み立てたので飛ばしに行くことに。
見るからに飛びそうにない出来だったので、自分のスポーツカイトも持って、荒川の河川敷へ行く。

土手の辺りは風邪が巻いていて、飛ばしにくいということを発見。次男が作った凧は飛んでいるというより、靡いているおもむき。いと、あわれ。

自分の方は、風が思いのほか強く、だいぶ引きずられました。気温は低かったけれども、汗をかいてしまいました。

サンタもやって来た

朝起きてリビングに行くと、子供二人が石の固まりのような者をハンマーとタガネで砕いている。なんだ〜っと思っていたら子供たちが「サンタさんが持ってきた!!」と言う。

つまり今年のサンタさんからのプレゼントは、「恐竜復元セット」でした。

まあ化石を掘り出すという手間が増えた、プラモデルです。化石が埋まっているのは直径2~3mmの石を固めたもの。いわば、とても固い雷おこしにプラモデルが入っていると考えていただければ良いかと。

下に新聞紙を敷いては、やっているものの、飛び散る飛び散る・・・。破片は細かい砂状にはならないので掃除機を使えば、まあ掃除は楽だが、散らかった部屋ではどこに入り込むか分からない。

サンタさんが持ってきたのでなければ、妻が怒りそうな物です。

[tmkm-amazon]B000KHPKEY[/tmkm-amazon]

テレビがやってきた。

42型テレビは、今までがブラウン管の29型ワイドだったので、大きさにびっくりです。

というかブラウン管テレビの重さにもびっくり。新しいテレビは一人で楽々設置できたのに、古いテレビは2人掛かりでも動かすのがやっと。ついでにテレビ周りの配線もキレイにしました。

このごろ機器が新しくなると配線が増えるという現象が起きていましたが、HDMLによりだいぶすっきりしました。ただLANケーブルが新たに増えてきました。これも無線化すればすっきりするのでしょうが、どうも無線は安定性が悪いのでパス。だいたい無線LANとかある前から家の中にLAN配線をしたのでそれを生かさなければもったいないし。

テレビを買いました。

予定では来年の冬頃買い換える計画だでしたが、近頃のあまりの安さに、買い時ではないかと思い妻と交渉。
わりとスンナリokが出たので、池袋のビックとヤマダに行き値段交渉。
機種はREGZAの42Z7000にキメうち。
¥189000でポイント28%で決着。
おまけは長期保証と500GBのHD。
粘ればもうちょっと下がりそうだったけど、¥2〜3000ぐらいのものなので、アッサリひきました。
いや〜大人になったなあ。
配送はクリスマスイブの予定です。
楽しみ楽しみ。

 

[tmkm-amazon]B001I462JK[/tmkm-amazon]