ハワイ旅行三日目

朝起きてまず外を見る。やや曇っているけど晴れ間が見える。風もない。これは大丈夫なのか?
ネットでホノルルの天気予報を調べるがどのサイトもマチマチの予報。アメリカの天気予報はこういう物なのか?

とりあえず暴風雨ではないので、出発の準備をしてツアーのピックアップを待つ。いつもバスの中は日本人しかいないことが多かったけれど、今日は外人さんばっかです。ああ、僕たちもガイジンか?

目指すは全米一美しいといわれる「カイルアビーチ」オアフ島南側のホノルルから、島を縦断して北側にでた場所。中央部の山を越えて北に行くわけですが、峠のあたりでは大粒の雨。せっかくのビーチが灰色だと悲しいな。

カイルアについても曇り空、雨も結構降っている。まずはツアーのデスクで誓約書を書いて水着に着替えて外にでる。

ん、晴れてる!ガイドさんの言うことでは嵐は昨日の夜オアフを通り過ぎたので、これからどんどん天気が良くなるとのこと。結局何も災害は無かったようです。やや強めの雨と風が吹いただけですと。でも昨日は役所は15時で終わり、学校も休みになったそうです。
やっぱりハワイの人はあの歌の通りなのでしょうか( ̄ー ̄)

さて俄然やる気が出てボディボードをレンタルして、ビーチへ向かう。
おお、絶景だ!

IMG 0999

日差しがきついのでラッシュガードを着たまま、波に翻弄されながら遊びまくる。

IMG 1002

IMG 1001

ビーチ付近ではいっさいの商業行為が許されていないそうです。なるほどワイキキビーチみたいにビーチパラソルのレンタルやサーフィンレッスンの受付などは見あたりません。飲み物の調達も出来ないのでビーチにゆく前に用意する必要があります。

ひとしきり遊んで昼食。大きなアメリカンピザを食べて、いよいよ今日のメインイベント、シーカヤック体験。

IMG 1003

まずは陸の上で、船の扱いと乗り降り。パドルの使い方を教えてもらい、ライフジャケットを装着していざ海へ。

IMG 1004

カヤックはカイルアにそそぎ込む川の河口で受け取ります。
「河口に行けばメアリーが待ってます。恰幅のよい女性なのですぐわかりますから」と言われたものの、ちょっと心配になりながら河口にいってみると・・・ああ、間違いなくあれがメアリーですねw

商業禁止のためガイドさんは沖合20mぐらいの所で待機。そこまでは何とかして自力でたどり着く必要があります。二人乗りの’カヤックなので私と次男。妻と長男の組み合わせ。長男が「子供組と大人組にしようよ」とのたまいましたが却下。後から思えばこの判断は正しかったようです。

てんやわんやしながら何とかガイドさんの所までたどり着き。先導してもらって向かう先は、沖合600mほどの所にある「Flat Island」その名の通りの平たい島。野鳥保護区になっている無人島です。わりと近くに見えますが潮に流され、風に吹き戻され、なかなか進みません。

IMG 1006

とくに風がやっかいで、常に沖から岸に吹いています。なので油断するとすぐ船体が横を向いてしまうのでジグザグにしか進めない。ふと後ろを見ると、妻・長男組がはるか後方(^^;。ガイドさんがチョット待ちましょう、と漕ぐの時々やめて海上に漂います。なんでもここはマリンスポーツにはもってこいで、下手な人は必ず陸地の方へ流されるので安全なんだそうです。

IMG 1005

漕いでもなかなか進まない様は、自転車で峠を登るときと同じ感覚。
無理しない、ゆっくり進む、動きを止めない、が良いようです。

なんとか到着して、島の東側の小さな砂浜にカヤックを引き入れます。

 

島の中心部分にはロープが張ってあり保護されていました。島の外周を一周しながら鳥や植物のことを教えてもらいます。

ミズナギ鳥がこの島を繁殖に使っているそうで、よく見ると木の陰や、島の穴ぼこに鳥の姿が見えます。

ほぼ頭隠して尻隠さず。目があってもビクともしません。なるほど保護が必要なわけです。

IMG 1009

この鳥海水を飲んで鼻の穴から塩分だけ排出できるそうです。

島を周りながら記念撮影。

IMG 1007

 

IMG 1008

一周したらまたカヤックにとり乗り、元のビーチへ。
帰りは風に押されて楽々。行きの3分の1ぐらいの労力で帰ってきました。

IMG 1010

商業行為うんぬんなので、帰りはカヤックをツアー会社の所まで自力で返さなければなりません。
これ女性一人とか二人組ではかなり厳しいのではないかな。どうするんだろう。

カヤックを返すとピックアップのバスの時間までもうすぐ。急いで着替えてバスに飛び込みます。
本当はブーツ&キモズのパンケーキを食べたかったのですが、残念。

帰りのバスでの意識がほとんどありません。

ホテルに着いたのは午後3時半頃。少しの間昼寝をしてから町へ出て夕食ついでにお散歩。

カイルアの仇をワイキキでとる、というわけではございませんが、今日の夕食はハワイでパンケーキと言えばまず名前が挙がる超有名店「エッグスン・シングス(Eggs’n Things )」 ワイキキビーチ店です。

IMG 1013

ディナーメニューもあったのでこちらで夕食。
ビーフフライドステーキとアヒ(マグロ)のステーキはいま一つ、いや・・二つぐらいかな。ロコモコは濃厚で美味しかったです。

さて肝心のパンケーキはうずたかくホイップクリームが乗っています。

IMG 1011

でもこのホイップ妙に軽くてあっさりと食べてしまいます。
ただ、並んでまで食べるかと言えばどうでしょう。もし次行って、並んでいたら入らないですね。

まだ日が高いのでDFSの前から出るJTBのワイキキ一周バスに乗る。明日はあのダイヤモンドヘッドに登ります。

IMG 1012

一周なので到着もDFS前。妻は近くの店で買い物があるそうで別行動。せっかくなので、買う物もないけれども子供たちにブランドの名前の紹介をしながらDFSの中をブラブラ歩く。

宿に帰り、シャワーを浴びると激痛。脚がひどい日焼けになってました。上半身は完全防備だったのですが下半身はあまり気にしていませんでした。カヤックに乗ると脚が焼けるんですね。大失敗です。

ハワイ旅行二日目

時差ぼけで夜中一度目が覚めたものの、昨日の疲れもあって爆睡。

今日から本格的に観光モード。朝起きると青い海青い空。

て事はなく、雨が降っていました。ハワイはいま乾季のはずなのに…。何を隠そう妻は嵐を呼ぶ女。どこへ行っても雨か嵐か吹雪なんです。

今は嘆きてもかいあるまじ。今日の朝食は船の上です。

 

ビッフェスタイルですが見ての通り典型的アメリカンブレックファスト。

 

次男は英会話スタンプラリーに参加しとりました。次男は割となんでもやりたがりな好奇心旺盛少年。今回も旅行中英会話の本をずっと読んでますが景色も見てくださいよ(^_^;)

 

一度宿に帰り途中ABCマートで調達したスパムおにぎりとカットフルーツで昼食。どこへ行っても料理の量が多いので、ここいらでコントロール。

午後からはノースショア方面のオプションツアー。

途中「この木なんの木」の木を見て、ドールのパイナップル畑へ。

 

パインアイスは思いのほか酸っぱい!

パイナップルの実がどういうふうに木につくか、子供たちは知らなかったようで、ビックリしていました。まあ確かにヘタみたいな方が枝に着くと思うよね。

 写真

この辺からずいぷんと雨が強くなる。まあ、乾季の時に本降りにはならないはずだしと気楽に考えてました。するとガイドさんの言うことにゃ「これから嵐がくるそうで、ワイキキ地元人は大騒ぎ」って何それ?

なんでも20年ぶりの熱帯低気圧の直撃だそうで、フロッシーというそうです。げに恐ろしきは妻の神通力・・・

今日の予定はノースショアでサンセットを見ながら食事をする予定でしたが残念ながら中止。

とりあえず行くだけいってみてみようと、海岸に降りたら亀さん甲羅干しをしていました。

 

一通り景色を見たら何やら有名な石鹸工場へ行くことに。

9435125523 a04040b1c0 c

ハワイアンバス&ボディ」というTVでよく紹介されている(らしい)工場。

そしてその隣には「アイランド・X・ハワイ(Island X Hawaii )」というワイアルア・コーヒーのお店。

9437897894 a707eefa36 b

ハワイといえばコナ・コーヒーが有名ですが、いまワイアルアが認知度が上がってきているそうです。

細々としたものを買って、ハレイワの町を散策。

ワレイワの町ではシェイブアイス、いわゆるかき氷がブームだそうであちこちでかき氷の旗が翻っていました。

海を眺めながら食べるはずのテイクアウトディナーは、ショッピングモールの軒先で食べることになりました。エビのガーリックバター炒め。見た目はなんですが素材が新鮮なのとよけいな手間をかけていないので、普通に美味しい。ご飯がいまいちなのはしょうがないですね。

あまり天気が崩れない前にホノルルまで帰り、市街を見下ろすタンタラスの丘で夜景観賞。

最後はトイレ休憩もかねてローカル地区のドン・キホーテでお買い物。ワイキキは物価が高いので日用品系の物はこっちの方が断然やすいそうです。

界王さまいました。

 

宿に帰って天気予報を見ると明日も天気が悪そうです。明日は全米一美しいというカイルアビーチで海水浴と、シーカヤックに乗る予定なのですが、だいじょうぶかなあ・・・

 

ハワイ旅行一日目

さて今日の自主公演で「白楽天」などという珍しい仕舞を舞わせていただきました。

 

目黒から自宅へ帰り、シャワーを浴びて恒例の夏の家族旅行に出発です。なんと今年はハワイ旅行!妻は行ったことがあるのですが、私は12カ国目の訪問にして初ハワイ、初アメリカ。子どもたちは初の海外旅行です。

 

深夜便で発つために、自動車で羽田へ。夏休みシーズンとあって駐車場の混雑が心配でしたが、日曜の21時ともなればさすがに空きがありました。

 

今回はハワイアン航空でホノルルへ。

 

 

ところで今、国際線では抜き打ち検査が行われています。日本の場合は無作為に抽出された人が身体・持ち物検査を受けます。

めでたく無作為に抽出されました。

 

何か粘着テープのようなもので、身体や持ち物、靴の中をペタペタして採取されました。薬関係の検査でしょうか?

 

かなりハイになっていた子供たちですが、23:50発と深夜の飛行機のためあっさり沈没。

ちょっと窒息死しそうで怖かったですが

ホノルルまでは7時間。ヨーロッパ便よりは楽とはいえ、東周りは時差ボケがつらくなるので、あまり寝過ぎないようにコントロール。

機内食はロコモコがでてきました。

ホノルル空港に降り立つと東京よりはさわやか。気温はそれなりに高い物の30度を超えることはあまりなく。湿度も普通でいつも風が吹いているので快適。

 

ホテルのチェックインまでは時間があるので、妻の買い物につきあって、その間に子供たちとアイスクリーム。ココナッツの味が濃くて美味でした。

今回の宿は「シェラトン・プリンセス・カイウラニ」チョット古いけど各地へのアクセスは抜群でリーズナブル。部屋は海に面していないのでなおリーズナブル、とはいえハイシーズンなのでいいお値段でしたが。

 

チェックインをして荷物をほどいたら、夕食の店までワイキキの町を散歩しながら向かう。

さて夕食はアラワイ・ヨットハーバーの所にある「Chart House」アイランド・スタイルのオープンエアレストラン。

 

基本的にハワイのレストランは肉とエビらしいので、そこを軸に攻めてみました。

 

エビもおいしかったけれど、ガーリックステーキが非常に美味しかったです。日本ではおいしい肉というとサシのはいった肉になってしまうけれども、赤身の方が美味しいと思うのだけどなあ。

ホテルへの帰りにABCマートによって飲み物など調達。ABCマートは50mおきぐらいに有るような気がします。

明日から本格的にハワイ観光です。

第28回松山喜多流能

7月14日は毎年恒例の松山喜多流能です。
今年は大曲「正尊」がメインです。

正尊
あらすじ
平家追討に功績のあった義経も、いまは兄頼朝の不況を被って、京都堀川の邸に、静御前や武蔵坊弁慶らに傅かれて謹慎しています。ソコへ、鎌倉で武勇をもって聞こえた土佐坊正尊が頼朝の密命を受けて義経を討つべく上洛してきます。義経はその意図を見破り先手を打って弁慶を正尊の宿に遣わし、堀川の邸に強引にまねきます。弁慶は義経の前で正尊を詰問し、事の実否を糺します。正尊はただ熊野参詣のためにやってきたのだと弁明し、けっして義経を討ちに来たのではない旨の起請文を書いて読み上げます。義経はもとより偽りの誓いと知りつつも、起請文の名文を賛し酒宴を設け静に舞いを舞わせます。静も正尊に、義経の心の中を頼朝に申すよう頼み、正尊は宿へ帰ってゆきます。
弁慶は侍女を使い、正尊の宿の様子を探らせてみると、果たして正尊は夜討ちの準備をしています。報告を受けた義経たちは返り討ちの用意をして待ち受けます。そこへ正尊は郎党を従え攻めかかってきますが、次々と討ち果たされ、自らも生け捕られてしまいます。

28回折チラシ表

28回チラシ中