UPS優秀だな

以下荷物追跡状況

[flickr id=”6805906235″ thumbnail=”medium” overlay=”true” size=”large” group=”” align=”none”]

という訳で29時間半でアメリカ西海岸のお店から埼玉に到着。どこぞの国内の通販より早いな。

[flickr id=”6805822965″ thumbnail=”small” overlay=”true” size=”medium” group=”” align=”none”]

ということで装着!

[flickr id=”6805820663″ thumbnail=”medium” overlay=”true” size=”large” group=”” align=”none”]

[flickr id=”6805796371″ thumbnail=”medium” overlay=”true” size=”large” group=”” align=”none”]

結局8GBに増えてしまいました。これでアドビ系のメモリ食いソフトも楽々ではないかと。

メモリーエラー

ときたま突然再起動をしていたうちのMacPro。とうとう30分おきぐらいに勝手に再起動するようになったのでシステム情報を調べてみると、6GB入れてあるはずのメモリーが4GBしか認識されたりされなかったりと不安定。

[flickr id=”6805772675″ thumbnail=”medium” overlay=”true” size=”large” group=”” align=”none”]

故障してるとしたら3ヶ所に可能性が

1.メモリー
2.メモリーが乗っているライザーボード
3.マザーボード

以上のどれかor複数に問題があるはず。

正常 異常 として考えると

まずライザーボードは2枚あって

スロットAにNo1ライザーボード 1GB+1GB
スロットBにNo2ライザーボード 2GB+2GB

なので ライザーボードを入れ替えると

スロットA No2ライザーボード2GB+2GB
スロットB No1ライザーボード1GB+1GB

となり4GBを認識。よってマザーボードは無事らしい。かなりホッとする。

つぎにライザーボード間でメモリーの交換

スロットA No2ライザーボード1GB+1GB
スロットB No1ライザーボード2GB+2GB

どうやらメモリー自体の故障らしい。

ということで4GBで我慢するかと思ったけれども動画編集に入ると引っかかりまくるのでメモリを買うことに。

ところがこのMacProのメモリーはFB-DIMM。4GBで¥15,000ほど。いまのDDR3だと壱万円しないのに。

で思い出したのがこのマシンを買った時使ったアメリカの通販会社「Memory America」前回も中一日で届いたし円高もあり送料入れても$126.99($1=¥77として¥9779)

善は急げと注文したのが2月1日の午前9時。その40分後にはメールにて発送済みの連絡。迅速だなあ。