イナイ×イナイ

森博嗣氏の新シリーズ。今回はXシリーズと呼称するそうです。多分繰り返し言葉の間に挟まれているバッテンの事を言っているのでしょう…とりあえず。(予断を許さない)
Gシリーズはどうなったのかというと、まだ途中。Gシリーズの間にこのXシリーズを挟むのは予定通りだそうです。

気になっていたのはこのシリーズの時代設定。西之園先生が出てきて、CDも携帯電話もあるので……つまりそうですよね?内容は横溝正史っぽいところがあったので、昭和30年代かと疑いそうです。

真鍋君は芸大生かあ。某大学の海月君とお話すると面白そうですが、接点はあるでしょうか?

GWのお出かけ

今日は東武動物公園へ。天気が良すぎて暑いったらありゃしない。まあ、寒いよりはいいか。

まずオットセイのショーをみる。(いま漢字変換したら「オットセイ」が「膃肭臍」とでてきた。なんかの病名みたい)
こういうものは大人になっても面白いなあ。なんででしょう?

次男が「ホタリウム」という蛍を見る施設に入りたいというので、試しに入ってみる。
中には本物の蛍がいて、控室で5分ぐらい目を、暗さに慣らしてから見物するといった物。
自分の廻りをホタルが飛んでいるのかと思いきや、ガラス越しの飼育室を暗闇で見るといった状態。
これでは本物なのか動くLEDなのか判らない。どうもいまいちの施設でした。

動物たちを一通り見た後、遊園地エリアへ。家族全員、絶叫物は乗れないのでコーヒーカップが関の山。
ただ子供たちがグルグル回すものだから気持ち悪くなってしまいました。

帰りに動物触れ合いコーナーでヒヨコやウサギを抱っこさせました。
長男は割と喜んでいましたが、次男はどうも苦手のようです。
「動物さわったら、手を洗わなくちゃ。洗わなくちゃ・・・」と繰り返していました。なんだかなあ

パン作り2 復讐の1次発酵

午前中暇になったので、今日もパン作り。
今日はチョコチップパンに挑戦。

レシピは琥伯茶楼さんのふわふわチョコチップミルクパンのページを参照。

朝からスーパーへ行き、チョコチップを買ってきました。

材料揃えで、いきなり問題発生。グラニュー糖が足りない・・・。どこかにあるはずだが妻は留守。探してみるとマスコバト糖という黒砂糖が見つかる。
封が切っていないので、使っていい物かどうか気になること数秒。使いました。

さて昨日の反省をふまえ、最初の練りは念入りにおこなう。入れる牛乳も少し温めてみました。卵が冷たいままだったのが残念です。
昨日は1次発酵をオーブンの発酵機能を使いましたが、天板が冷たくボールの底の方が冷やされて、むらのある発酵になってしまいました。
今日は生地の入ったボールを湯煎するという方法をとってみました。あくまでも温度は控えめに、時間をかけて発酵させてみました。

1次発酵

ここで、第二の問題発生。レシピには1次発酵の前にチョコチップを、混ぜるよう書いてありましたが湯煎のせいで、溶けてしまいました。

一応入れる直前まで冷凍庫に入れておいたのですが、発酵の熱とガス抜きの時の手のぬくもりでマーブル状になりました。それはそれで美味しそうではありますが・・・

生地を8分割して、5つは18cm型。3つはパウンド型に入れて焼き上げてみました。

チョコチップミルクパン
味はというと、昨日より好評。マスコバト糖を使ったのが結局は良かったようです。
普通の黒砂糖のような、えぐみがないのでチョコの甘味と対比があっておいしい。
妻や子供たちにも好評でした。


特別栽培砂糖マスコバト糖 500g