休んでいた間におこった事

ソニーがCLIEの開発をというニュース。

さ〜て困った。CLIEというかPalmのPDAがないと日常生活に支障をきたします。

ソニーも「エンタテインメント性のある携帯情報端末というコンセプトは、継続していく」と言っていますが、あの会社は業界標準を離れ、独自規格に走って分けが分からんものを作る癖があるので期待薄。

大体エンタテインメントはどうでもよくて、PDA機能が軽快に使える方がいいのですけど。

となると英語版Palm機を日本語化して使うという事になります。

PalmOneからタングステンとか出ています。

どんなものだか調べてみようかな、と思ったらこんなページが

英語版Palmを日本語で使う

おお、なんか逆に燃えて来た人もいるらしい。

そういえば昔はPDAを使う時はこんな感じだったような気が・・・・

アヒルと鴨のコインロッカー



“アヒルと鴨のコインロッカー” (伊坂 幸太郎)

伊坂幸太郎を読むのはこれで3作目です。

この方の文章の地の部分(セリフではないところ)の文章が大好きです。

セリフの部分でも死に行く者のシニカルな一言が心に響きます。

だけど偶然同じ叙述トリックを使う小説が、3冊続いてしまって読了感がいまいち。

こればっかりは先に確かめるわけにも行かず、くじ引きみたいなものですな。