カレー作り

今日は長男とカレー作り。ベネッセかどっかの教材でスパイスが実の形でセットになっているもの。丁寧なことにすり鉢とすりこぎ入り。

子供にスパイスを、1種類づつ、実の味や香りや採れる国などを説明しながら分量を計る。

DSCF1044.JPG

香り出しにフライパンで炒めてから、すり鉢で粉にする。
もはやこの辺で、部屋はスパイシーな香りで充満します。
換気をするにもこの暑さなので換気扇をつける程度で、ごまかす。

DSCF1048.JPG

結構な分量なので、長男だけではすりつぶしきれず、半分ぐらい手伝いました。もはや長男バテぎみ。

スパイスができたら野菜の下拵え。包丁さばきが、かなり危なっかしいので、途中から二人羽織り状態。

米の研ぎ方など教えて、いよいよ調理開始。
最初の関門はタマネギ炒め。とにかくこれに時間がかかる。なんかいい裏技無いですかね?(市販のカレールーを使うってのは無し)
長男と交代しながらルーを作り、いよいよ煮込みになったので、あとは時間が解決してくれる。

出来上がったカレーは、スパイシーながら甘口という「子供用本格カレー入門味」に仕上がりました。
次はタンドリーチキンが作りたいなどといっていますが、いつになることやら。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください