ベトナムの旅4(フエ)

今日は船に乗ってフエ郊外の寺院を観光に行きました。9時にホテルを出発。
IMG_00800033.jpg
すぐそばの船乗り場から普通の船の間に板を渡しただけのように見える。カタマラン形式の船に乗ってティエンムー寺ヘ。船の中は話には聞いていましたが、お土産売りの独壇場。次から次へと品物が出てきました。ちょっといいなと思ったのは涼しげなシャツ。何人か買っていました$10というところを$8ぐらいに値切っていたようでしたが・・・。
IMG_01240013.jpg


船から下りてティエンムー寺の中へ。
IMG_01330058.jpg
ここは1601年創建の寺でフエのシンボルのような7層8角形の塔があるところです。塔の名前は「慈悲塔(トゥニャン)」といい「幸福と天の恵み」という意味だそうです。隣にはフエの町まで聞こえるという大きな釣鐘がありました。伝説では若く見える顔つきながら、白髪と白い眉毛のおばあさんが赤い服と緑のズボンをはいて丘の上に座っていた。おばあさんは「間もなくここに支配者がやってきて、彼が塔を建てるだろう」と予言して消えていった。その老婆は実は天女でその天女を記念してこの寺が建てられたそうです。本堂のような所には過去・現在・未来をあらわす3体の仏像がありました。また中庭にはベトナム戦争中にこの寺の住職が政府に抗議してサイゴンで焼身自殺をしたときにサイゴンまで乗っていった車が保存してありました。ティエンムー寺を出て今度はバスで移動。バス乗り場までの途中がお土産物屋でいっぱい。そうするとさっき船で$8だった服を持って「さんどる、さんどる」といっていたので買ってしまいました。バスに乗りトゥドゥック帝のお墓へ。
IMG_01540043.jpg
ここの参詣料が$4。物価に対して高いような気がしましたが、どうやら外国人の料金のようです。3年間かけて作ったといわれる広い廟だったので歩くこと50分。暑さで皆まいっていたようです。昼食は昨日とは別のレストランで、食事。生春巻きやフエ風お好み焼き。フエ風ご飯など食べた後にデザートのプリン。濃厚に甘くて満足しました。
IMG_01640051.jpg

宿に帰ってからしばらく昼寝。その間かなり強く雨が降っていてまた心配。今日は5時に楽屋入り。そのころには雨はほとんどやんでいましたが、鏡の間が雨漏りしていました。雨はときどきポツッとするものの、滞りなく公演も終了。フエの2日間が無事終わりました。ハノイの公演は屋内なので天気の心配はしなくてよいのです。
宿に帰り、今日仕入れてきたらしいベトナムウオッカで乾杯。自分は下戸なのでペプシ。このペプシが緑色していました。味もクリームソーダにコーラを垂らしたような味。ベトナムウオッカのほうは、消毒用アルコールのような匂いがしていました。悪酔いしなきゃいいけど・・・。部屋に帰り簡単に荷物をまとめ就寝。今日でフエの町ともお別れです。いろいろあって長く滞在しているような気分ですが、今日で日程の半分終了です。まだまだベトナムを楽しめそうです。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください