アップル、デュアルコアPowerPC搭載のPower Mac G5

 外観は従来のデザインを継承しているが、基本アーキテクチャーもPCI-XからPCI Expressに変更されており、内部は一新されている。
 最上位機種の「Quad 2.5GHz」は、2.5GHzのデュアルコアPowerPC G5を2基搭載したクアッドコア構成をとる。4コア構成により、従来の最上位機種である2.7GHzデュアルに対し、アプリケーションベースで22〜76%高速としている。

動画処理等、重いものを扱う人には、垂涎のマシンでしょう。PCI Expressになったのも大歓迎。PCI-Xのボードなんか秋葉でも、見かける事がありませんでしたからね。
久々にMacintoshの最上級機種らしい構成です。

13年前Macintosh Quadra 950が出たときの事を、ちょっと思い出しました。
でもあのときは、自分にとっては関係のないマシンでした。だって180万円だったし。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください