PHSの逆襲なるか

ウィルコム、PHSコアをモジュール化(ITmediaモバイル)

ウィルコム、PHS通信部分だけ独立させた「W-SIM」開発 (ケータイWatch)

ちょうど今月で契約期間100ヶ月になったPHS(今まで携帯電話を持ったことがありません)

WILLCOMがPHSの無線通信部分をモジュール化した「W-SIM(ウィルコムシム)」を発表しました。

このチップをいろいろな電話に差し替えれば、電話番号も電話帳もそのまま使える。

例えばスキーや海に行く時は防水・耐衝撃性の端末。パーティーの時はブランド物の端末(出るかどうかは分かりませんけどね)と使い分けることができます。

無線部分からアンテナ、電話帳に至るまでチップに内蔵されているので、無線技術のないメーカでも製作可能。つまりモジュール自体が独立した電話機として認定される構造になっており、外側の電話機部分はTELECやJATEなどの認定が必要ないので、審査を通す必要もなし。今まで携帯端末を作ったことが無いメーカの物も見られそうです。

実際に賛同企業としてバンダイや山本寛斎事務所なども入っています。

年内には販売開始だそうです。

WILLCOMの最大の弱点は、端末種類の少なさだったので、これで死角なし。エリアも人口カバー率99%になりました。

もともと規格として携帯電話よりも性能は高く、価格は安く、電磁波は弱く、音質が良いと、いいところが多いのでこれからが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください