子どもたちは夜と遊ぶ



子どもたちは夜と遊ぶ(上)” (辻村 深月)

子どもたちは夜と遊ぶ(下)” (辻村 深月)

前作の「冷たい校舎の時は止まる」も大変良い作品でしたが、今作もおすすめです。

重ねてかきますが、人が書けているということに尽きます。 登場人物の心理描写のうまさが際立っています。

特に犯人が突発的・発作的な殺人をおかす時に冷静になりながら狂気となる様子、そのあと正気に戻るが故に狂気となるシーンは読みごたえ十分でした。

そして最後のシーンはとても素敵でした。

おかげでまた電車の中で泣いてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください