デビルマン

見てしまいましたデビルマン。

あらゆるところで酷評されていますが、聞きしに勝るとはこのことかと・・・

これ映画館で金払って観たら腹立つでしょうね。

いったい何をどうすればこんなものが出来上がって、しかも世間の目にさらすことができるのか、邦画の未来の暗さを痛感。

考えようによっては、こんなものはなかなか観ることができないので、反面教師としてはどうかと。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください