angels

angels—天使たちの長い夜講談社ノベルス
この方の「建築探偵シリーズ」(始めてみたときは色物かと思いました)はすべて読んでいます。
文章のリズムが私と合うので読みやすいのですが、ちょっとパワー不足になってきたかも。

自分としては5作目の「原罪の庭」がやはりベストです。
それまでの4作は前振りに使ったのか思えるような作品です。

篠田真由美「建築探偵シリーズ」

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください