宇宙の奇跡

今年は天文ショーの当たり年かな?「皆人これを語れり 」で、今日のブログは日蝕の話ばかりだろうけど、珍しい事なので日記としてエントリー。

という事で金環日蝕です。昨日の天気予報では曇り…

 虚構新聞 気象庁、金環日食の中止を発表

 同庁では、17日に短期予報として金環日食が見られる21日の天気を「曇りまたは雨」と発表したが、この予報に対して全国から苦情が殺到。「せっかくのチャンスにどうして曇らせるのか」「見られないのなら金環食を延期しろ」「通販で買った遮光メガネの代金8万円を返せ」などの抗議のほか、「あんなに太陽を隠されては洗濯物が乾かない」などの勘違いを含め、大量の電話やメールが押し寄せ、一時回線がパンク状態になった。

確かに雨ならともかく「曇り」で見えないのは悔しさもひとしおではある。微妙な天気予報を心配しつつも床に就く。

で朝、日がさしてる!こんなことなら日蝕撮影用のフィルターを買っておけば…1万円もするので躊躇してしまいました。

子供達も今日はいつもより一時間早い朝食を済ませスタンバイOK。マンションの外階段の踊り場で観察会。

日蝕グラスは2009年の日蝕の時買った物が2つあったので、今回はニュートン別冊の付録で一つ買い足し。

試しに日蝕グラスをコンデジに押し付けて撮って見ました。

結構撮れました。

しかし、思うにつけて壮大で奇跡的な光景です。

地球を直径3.6mmとしましょう、ちなみに五円玉の穴が5mmです。

太陽の直径は40cmで400m離れたところにあります。目黒の能楽堂をご存知の方は、香港園の前から能楽堂までの直線が380mぐらいです。

そして月の直径は1mmで1m離れたところにあります。手をいっぱいに伸ばして指の先につけている1mmの円を、400m先のLサイズのピザに合わせる!そりゃなかなか見られないわけです。

しかもまさに今!1億5千万km彼方直径140万kmの太陽の前を横切っているのは、38万km彼方にある74000000兆トンの球体。
そして月と太陽の直径の比が400倍。地球からの月と太陽の距離の比が400倍という奇跡的な配置!

こういう時はいわゆる「創造主」の存在を考えてしまいます

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください