それでも警官は微笑う



“それでも、警官は微笑う” (日明 恩)

もう一つ、これは帰りの新幹線で読み終えました。

題名からも分かる通り警察小説です。登場人物のキャラは予想通りの叩き上げの愚直な刑事に、相棒の新米刑事、物わかりのいい頼れる上司、などなど。ちょっと違うのはこの新米刑事が階級では先輩刑事より上。しかし屈託がない、でもなかなか頭が切れる、でも・・・と、この潮崎という若い刑事がいいアクセントを出しています。

ストーリ展開はやや乱暴な所もありますがデビュー作としてはいいほうかな。

最後の締めかたはちょっとあまりにも続編を作ろう読ませようという感じが出てしまい、かえって消化不良。

これで続編がよくなかったら怒りますよ。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください