アヒルと鴨のコインロッカー



“アヒルと鴨のコインロッカー” (伊坂 幸太郎)

伊坂幸太郎を読むのはこれで3作目です。

この方の文章の地の部分(セリフではないところ)の文章が大好きです。

セリフの部分でも死に行く者のシニカルな一言が心に響きます。

だけど偶然同じ叙述トリックを使う小説が、3冊続いてしまって読了感がいまいち。

こればっかりは先に確かめるわけにも行かず、くじ引きみたいなものですな。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください