Facebookの個人ページとFacebookページの違いについて(能楽師用)

さて、前回書いたフェイスブックの「個人ページ」と「Facebookページ」の違いがよくわからん!という話が出たので、ちょっとまとめてみます。

まず皆さんが使っているであろう個人ページ。Facebookに入会してそのまま使っている場合は、このページです。

個人ページ

 
本名でのみ登録可能。会の名前とか団体名では登録不可

友達申請ができるが、人数制限有り

友達になった人の個人ページに「いいね!」や書き込みができる

自分が「いいね!」をしたFacebookページに書き込みができる

広告は出せない

インサイト(アクセス数やいいね!数を調べる機能)は使えない

Facebookにログインしている人しか見れない

投稿した内容は、YahooやGoogleで検索されることはない(設定によります)

※つまり個人ページは、「知り合いだけで情報交換する場」という位置づけです。

Facebookページ

 
本名以外で登録可能。〇〇会とか、まあ能楽協会とかでもいいわけです。

友達申請はできない

Facebookページの「いいね!」を押してくれた人は、
友達ではなく「ファン」として扱われる

ファンの人数は無制限

Facebookページに投稿した内容は、
ファンのニュースフィード(お知らせ欄)に表示される

他の人の個人ページに書き込みはできないが、
自分のFacebookページに投稿された書き込みに対して、
返信コメントを書くことはできる

他の人のFacebookページに書き込みができる

Facebookの広告が使える

インサイト(アクセス数やいいね!数を調べる機能)が使える

Facebookにログインしていない人でも閲覧できる

投稿した内容は、YahooやGoogle等の検索エンジンの検索対象になる

※つまりFacebookページは、
会や能楽師としてのPRのために活用可能なツールという位置づけです。

つまり個人ページ上での会話は

今度の〇〇会の申合せは何時だっけ?
とか
来年の2月第5日曜日(あるわきゃないのですがまあ仮に…)にワークショップがあるけど、空いてるシテ方いますか?

などという会話が行われるのが正しいあり方なんです。

でFacebookページの方は会の宣伝や、自分をPRするためのブログのような使い方をする。多分皆様こういう使い方をしたかったのでは無いだろうかと、投稿している内容を見ると想像します。

Facebookを広めるときに「日本版ミクシィ」と紹介されたり、同時期にツイッターも流行り始めたので、そういう匿名性を持ったツールと同列に思考してしまったので、いろいろ考え違いをしてしまった人が多いようです。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください