iPhotoでのRAWの扱い

めでたくRAW形式に対応したiPhotoですが、RAWファイルを読み込むと自動的にJPEGに現像されて表示されます。

問題はiPhotoで写真の補正などをするときに、現像したJPEGファイルを補正するのか、それともパラメータをかえてRAWから現像やり直してくれるのか?という事です。

ちょっと実験してみました。

  • RAWを読み込ませる
  • 自動的に現像されたJPEGをコピーしてiPhotoに読み込ませる
  • 2つの画像をiPhotoで画像補正する(効果が分かりやすいように極端な補正をかける)
  • できた2つのJPEGを拡大して比較

結果はというとよく分からない・・・・ (^^;

細かいことを言うと、RAWを補正したほうが何となく階調が残っているようですが、はっきりとした差は出ません。

最新号のMacPeopleの記事を見ると、読み込むときにJPEGに変換されてしまうので、RAWの長所が生かされないといったように書かれていました。

またAppleのサイトの右側の説明を見ると補正のときにRAWを処理しているようにも読めます。どうなんでしょう?

まあ画像データベースとして考えれば、特に問題はないのですけど。

オリジナルのRAWファイルはiPhoto Library/年/月/日/OriginalsにあるのでiPhotoで必要な写真を探したら、オリジナルRAWファイルを他の現像ソフトで処理すればいいのですから。

そのためには写真のキーワードやコメントとかしっかり入れておかなくては・・・

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください