北海道旅行3日目

朝起きたら朝食を取り、温泉へ。子供たちが温泉好きなのはどうしたことだろう。カラスの行水なので付き合うと湯冷めしてしまうのが困るが・・長男はやっぱり足がかなり痛い様子。どうしよう。

すぐ近くに有名なクマ牧場があるので、とりあえず一度見てみようということで行ってみる。ロープウェイ代が入っているとは言え、入場料が大人¥2500とは、どうよと思う。

物ごいをする羆

でその価値があるかどうかは、クマへの餌やりに、どれだけ熱中できるかどうかにかかっていると思う。ヒグマに萌えられるかどうかが、損益分岐点。

ヒグマ資料館も、みるほどのことではないかな。昔行った羽幌の近く、三毛別のヒグマ襲撃事件の現場の方が印象が強い。あれはムチャクチャ不気味でした。

登別温泉から海の方に降りて、登別パークニクスという水族館のついたテーマパークのような所に行く。

ここにしか無いものというものもなく、まあ唯の水族館だが、暇つぶしには持ってこい。

IMG_1444 IMG_1448

つらつらと眺めていると、女性に声をかけられる。「あの〜いつも○○で(スポーツクラブの名前)一緒になっている。」ってご近所の人だ!世の中狭いな!ご挨拶をして別れ、園内のレストランで食事。自慢の焼きカレーというものを食べてみる。おや、なかなか美味!今回の旅行ではいまのところ食事で外れがない。これは大切なことです。

さて今日の宿は、富良野のユースホステル。登別からはカーナビの計算では4時間程。今は午後2時。8時半までには入ってくれということなので、今から行って6時ごろに富良野で美味しいところをさがして、夕食をすれば丁度だな。

と、途中ふと長男の足の様子を見てみると結構左右で違ってきてる。これは医者に見せておいたほうが、いいかなと思い苫小牧の整形外科をググって、そこへ行く。

折れてました・・・・

ギプスをつくってもらったので1時間強、時間がかかった。次男が待ちきれなそうだったので、iPadに入れていた映画を鑑賞していただきました。

どうも長男は夏に骨を折るのが恒例になってきたようです。

さて富良野の食事はあきらめなければならない様子。カーナビの到着時刻は21時10分。妻いわく「のこり○kmだから、○km/hで走れば1時間で着くでしょ」山越えの一般道をそれで走ったら頭文字Dの世界ですがな。

で着いたのは20時。いやぁ頑張った。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください