CG-WLR300GNHとMac

CG-WLR300GNHの無線LANでMacBookを使っていると、接続が時々切断されてしまう症状がおこる。

いろいろ調べた結果、切断はWPAの暗号化キーを更新するタイミングで起こることが判明。
設定画面の「802.11n/g/b セキュリティ設定」から「更新時間」を0に設定して、暗号化キーを更新しないようにすると、定期的に切断される症状はなくなった。

これではセキュリティがやや甘いなあ。iBookでも全く同じ症状が出ているので、AirMacとは相性が悪いのかな?

うちの場合無線LANは、必要なときにだけつなぐ形なので、これでもまあ大丈夫だが・・・

もうちょっと試行錯誤してみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください