時間封鎖

時間封鎖〈上〉 (創元SF文庫) 時間封鎖〈下〉 (創元SF文庫)

久しぶりにハードSFを読んだ。

ある日、地球が黒い幕で覆われ宇宙と遮断される。そして地球での時間だけ1億分の1の進みになるという設定。

ヒューゴ賞をとるだけあってなかなか面白かったです。

テラフォーミングの話とかSFとしての面白みもあるが、重心をおいているのは人間模様。

地球で1日経つと宇宙では27万年経つわけで、そのうち太陽が膨張して地球が飲み込まれてしまうと予想される。

緩やかな絶望を突きつけられた人間を描く話は、近いところでは伊坂幸太郎の「終末のフール」などあるが、こちらの方が読みごたえがある。

ただ最後はちょっと、物足りない。幕を作った張本人も現れないし、と思ったら三部作の予定らしい。すでに二部の「無限記憶」は出版されているらしい。

早く文庫化してください。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください